熊本県鹿角霊芝

熊本県産 鹿角霊芝とは

鹿角霊芝とは
中国四千年、求められてきた至高の鹿角霊芝を純国産で人口栽培に成功

 

始皇帝が探し求めた鹿角霊芝
紀元前の中国、秦の始皇帝が不老長寿の霊薬を神仙術者に命じ探させました。彼は国内の山中をくまなく探し回り、また東にあるという蓬莱(日本)へも渡来していますが、とうとう見つけることができませんでした。奇跡的に見つけられ皇帝に奏上されたときは、国を挙げての祝宴が行われたそうです。

 

幻の霊芝 鹿角霊芝
鹿角霊芝は、霊芝の中から数万本に1本の割合でしか見つからない希有なきのこです。霊芝は「かさ」が胞子を放出しきった姿で開いていますが、鹿角霊芝はその「かさ」が開かないまま「つぼみ」が多発したものです。天然の霊芝ですら採取が困難ですから、子孫継承の法則に反して生息している鹿角霊芝はまさに「幻の霊芝」といえるでしょう。

 

2000年に鹿角霊芝の原木栽培が確立
1971年京都大学文学技官・直井幸雄氏が霊芝の人口栽培に成功。「霊芝の部位で最も効能が高い部位はつぼみにある」という結果を踏まえ、紆余曲折の末、2000年に熊本県の栽培者が原木による栽培方法を確立しました。幻の霊芝といわれてきた鹿角霊芝は21世紀になって日本の大学研究チーム、研究者、栽培者の努力の結晶として生まれたのです。

 

そして更に開発が進みβグルカンのエキス抽出に成功
加圧熱水処理(特願)

鹿角霊芝は、霊芝の中から数万本に1本の割合でしか見つからない希有なきのこです。霊芝は「かさ」が開いていますが、これは子孫継承の法則に従い、胞子を放出しきっている姿です。鹿角霊芝はそのかさが開かないまま「つぼみ」が多発したものです。天然の霊芝ですら採取が困難ですから、子孫継承の法則に反して生息している鹿角霊芝を探すのはなおさら大変です。文献では、中国でも秦の始皇帝をはじめ数件しかありません。日本では第23代顕宋天皇に3本に枝分かれした神草が献上され、「三枝」の名を賜った文献がある程度で、鹿角霊芝が幻の霊芝と呼ばれる所以です。

 

原木栽培 さるのこしかけ科 鹿角霊芝
一般の霊芝はかさが開くほど胞子が散り成分が減少しますが、鹿角霊芝はかさが開く前のつぼみを多発させた21世紀の芸術品です。

 

鹿角霊芝とは
※鹿角霊芝の分析は(財)日本食品分析センター

 

鹿角霊芝とは

 

原木で栽培した鹿角霊芝は、おがくずの鹿角霊芝に比べると幹が太く、光沢があるのが特徴です。

 

 

安心・安全な熊本県産
国内の安全基準はもちろん、澄んだ空気、天然水を使い、無農薬栽培を行い、品質には万全を期しています。製品化の過程でも、二重三重に滅菌や品質チェックを行っております。

 

高度の加工技術と更なる研究開発
鹿角霊芝には50%以上のβグルカンが含まれています。βグルカンは食物繊維です。そのまま摂取しても体内に吸収されにくいです。我々のグループは、加圧熱水処理技術を取り入れ、βグルカンを体内に吸収し易い大きさにすることに成功しました。

 

特願2006-304631「鹿角霊芝からの有用物質の抽出方法とその装置」により水溶性βグルカンを30%以上抽出しています。

 

鹿角霊芝とは
加圧熱水処理施設

 

2003年と2004年に熊本県の助成認定を受けています。
鹿角霊芝の各商品は、開発段階から産学官の共同研究によりすすめられてきました。(熊本県産業技術センター、崇城大学応用微生物工学科、シリウス)また2003年には熊本県創造型技術研究開発助成認定、2004には熊本県新産業創出ものづくり助成認定を受けております。

 

鹿角霊芝販売ページへ


虹煌堂 Shop お問合せ