熊本県鹿角霊芝

βグルカン

βグルカンの免疫活性作用の仕組み
適度に低分子化された水溶性βグルカンは、平板上のリンパ組織(バイエル板)から容易に吸収され、白血球内に浸透する。この水溶性βグルカンは、ガン細胞によく似ていて、マクロファージ(アメーバ状の細胞)は、ガン細胞が侵入したと判断します。その情報をサイトカインを介し伝達します。情報を受けたB細胞、T細胞、NK細胞はガン細胞を攻撃します。このようにβグルカンは体内の免疫力を強くし、ガン細胞に対抗しています。またβーグルカンは腸内でビフィズス菌の餌にもなり、腸の活性化を促している。

 

免疫

 

βーグルカンは、ガン細胞を直接攻撃するのではなく、ヒト本来の持つ免疫システムの活性化を促しています。

 

鹿角霊芝販売ページへ


虹煌堂 Shop お問合せ