熊本県鹿角霊芝

お客様の声

胃がん 肝臓転移福岡市(男性61歳)
2010年7月に胃痛、悪心、嘔吐が続くため、病院で腹部CT、胃カメラなどの検査を行い、胃がんリンパ結転移、肝臓転移と診断されました。手術が不可能でした。抗がん剤の治療を行いましたが、副作用が強く、宝寿仙を服用しました。宝寿仙を服用した後、食欲が改善し、疲労も回復されました。4ヶ月後に病院の検査によって肝臓転移の病変が縮小し、胃がんも縮小し、リンパ結転移が消失しました。

 

 

胃がん 熊本市(男性55歳)
2009年6月に病院で胃がん切除手術を受け、病理的な検査で胃腺がん、リンパ結転移と診断されました。手術後に抗がん剤の投与を受けましたが、貧血がひどく胃腸の副作用がつよいため、抗がん剤を中止しました。その後宝寿仙を毎日4回服用していました。宝寿仙を服用した後、食欲が増進し、疲労も回復し、貧血症状もよく改善しました。年に一回定期的な検査によって順調に回復し、再発や転移は今日までありません。

 

 

肺がん 芦北郡(女性58歳)
咳嗽がなかなか治らないため、2009年8月に病院で胸部のX線とCT検査によって、右肺中野肺がん(1.0×0.6cm)と診断されました。2009年9月8日にがんの手術切除治療を受ける予定でしたが、宝寿仙を毎日4回、毎回1包、服用していました。9月8日に胸部CTの検査で右肺中野の肺がんが消失し、手術治療を中止しました。今も宝寿仙を用い、定期的な検査によってガンの再発がありません。

 

 

乳腺がん 大阪市(女性48歳)
2010年2月に産婦人科病院で乳腺がんと診断されました。手術が不可能であり抗がん剤を投与していました。抗がん剤の副作用が強く、宝寿仙を毎日3回、毎回1包を服用しました。2010年8月にがん腫が縮小したため、手術切除を行いました。手術後も宝寿仙を服用し続けています。

 

 

食道がん 熊本市(男性62歳)
2010年4月に嚥下困難、胸部の苦しみの症状で5月16日に病院で胃カメラ検査を受け、食道がんが発見され、組織病理的検査で食道鱗状細胞がんを診断されました。5月17日に切除手術を行い、術後に抗がん剤を使わず宝寿仙を服用していました。2010年8月30日に、胃カメラ検査で回復が良好で転移や再発はありませんでした。いまも宝寿仙を服用しています。

 

※この内容はあくまでもお客様個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

 

鹿角霊芝販売ページへ


虹煌堂 Shop お問合せ